プロフィールだよ

あるふぁ

Author:あるふぁ
リンクフリー&報告イラズ。
興味あることはたくさん。
あれもこれもあれもこれも。
18号(姉)が書くこともあります。

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カウンター

現在の閲覧者数:

あるふぁ波
興味あることなんでも
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋空を277
 …ページまで読んだんです。
 『恋空』という書籍があまりにもあっちこっちで批判され(かつネタにされ)てるんで、これはどうやら相当ひどい本らしい、いっちょ批判祭りに乗るしかないな、と思いまして。でも読まずに批判はよくないと思いまして。読んだんです。公式サイトに行けば無料で読めますから、「277ページ」まで読みました。そこで力尽きました。

 でも、がんばった…!がんばったよ俺!!こんなに読んだんだよ!!ネタのため、ネタのためと自分を励ましつつ……。


 けどwwwww限界wwwww無理wwwww


 元が携帯で書いたものだそうだし、書いた人は素人なんだから、文章を書く段階であんまり推敲できなかったとか、誤字脱字がある、という点は仕方ないと思うんです。携帯での読みやすさってのもあるし、短い文章が淡々と続くのも仕方ない。そこを突っ込むのはちと酷だと思いました。
 それに、昔を思い出しながら書いたとのことなので、思い出にいろいろ覚え違いがあったり美化されたりするのも当然っちゃ当然でしょう。

 しかしこれを実話だと言って売り出したのかー…出版社は。なんというやり手…確実にターゲットを絞ってやがる……。

 277ページまで読んだ感想としては……






 一言、『小便くせぇ少女漫画モドキ』ですね。小説と呼ばれることすら値しない。だから今回の記事のカテゴリーは「未分類」ね♪

 「ちっちゃくて何のとりえもない、見るからに弱弱しくて守ってあげたくなるアタシはいろんな男の子にモテモテ!16歳にして性犯罪に遭ったりイヤガラセされたり妊娠&流産したりしたけど、彼がいるから速攻で立ち直れるよ!彼も同級生を罠にハメて退学させちゃったりしたけど、アタシには優しいからいいの!今は突然別れを告げてきた彼の気持ちがわからなくて、正直戸惑ってる…でも一番愛してるのは彼なの…忘れられないの…。揺らぎかけるキモチ…(P277までをまとめるとこんなもん)」

 イマドキのオンナノコってこんな恋愛に憧れるんだね、うんうんってなもんです。

 なんの取り得も無いはずのヒロインが、なぜか超絶カッコよくて運動神経もよくて親衛隊までいる男に惚れられて付き合いだすが、そこへ数々の困難(主にヒロインに対する嫌がらせ)が襲ってくる…でもどうやって嗅ぎ付けたのか、ピンチの時には颯爽と現れる万能彼氏…って、いつの時代の少女漫画ですか。でもいつの時代の少女もこういうのを夢見るんだろうなぁ。

 姉にちょっと聞いてみましたが、「そういう王子様願望は誰にでもあると思う。でもたいてい20前後くらいで目が覚めるんじゃないか」とのことでした。なるほど。こりゃブック○フの105円コーナーですら買われなくなる日も近くない。


 しかし最初からフィクションとして売り出せばよかったものを、なんでまた実話だと出しちゃったのか。しかも自分で「切ない恋物語」なんてつけちゃって…アイタタタ…。そりゃまあ実話の感動話のほうが売れるだろうけどさ、もうちょっと出版社側も加筆修正するなり対処すればいいのに、どうも書籍のほうはそれもされてないらしい。それがミリオンセラーって……。

 『恋空 批判』でぐぐればとにかくたくさん批判サイトがヒットします。
 「イマドキのオンナノコって…」などと書きましたが、物語の明らかにおかしい点などに気付いて批判側にいる十代の子もちゃんといるようです。
 中には
「友人に『恋空』は読めなくて、へんなおっさんの小説なら読めるのか、と言われた。(´・ω・)太宰治ナメンナ」
 なんて子もいました。そうだ、ナメンナ。


 ネット小説で言えば、この間読んだ『絶望の世界』のほうがよっぽどインパクトあった。すげえ引き込まれた。でもこちらはちとアングラすぎる内容だからおすすめはできませんが。


 とにかく突っ込みどころ満載な『恋空』ですが、あんまり誰も突っ込んでないところを突っ込んでみようと思います。
 物語の序盤(数ページ目)で、ヒロインが友達とお弁当を食べます。そのとき「食事のとき静かになるのはなぜだろう」みたいなことを考えてます。

 そりゃ食ってる最中だからだと思うよ(´・ω・`)うん。


スポンサーサイト
この記事に対するコメント
まる、さんかく、とりはだ!
あるふぁさんのエントリーを読んで『恋空』を読んでみました。

プロローグで耐えられなくなりました!

だめ…ああいう文体だめ…(ガクガクブルブル)
ついでに批評サイトもいろいろ読みましたが、あり得ない内容ですね。何でもかんでも詰め込めば良いってもんじゃないだろうに…しかも映画にもなってた(泣)
フィクションじゃ売れない内容(つまらないとかそういう意味じゃなく、使い古されているテーマ)だから、事実を強調して「実話をもとにした!」って書いたんでしょうね~。実話をもとにした小説、というより日記なら『アンネの日記』の方が良い。まぁ、あんな有名書物と比べちゃあかんでしょうが(苦笑)

最後に、食事中全く喋らない事に対して友人の一人はこんな事を言ってました。「食べ物に敬意を表しているんだ!」
さすがと思いました(笑)
【2007/12/06 18:09】 URL | EL #- [ 編集]

早いよ!!!
プロローグで挫折すんな(笑)!!わかるけど!!気持ちはわかるけど!!
私は277ページまで読んだんです…(ネタにしたい一心で)。

ええ、あれだけ「感動してね」「これは悲しくて美しい物語だよ」なプロローグには吐き気がしますね。
けどこれが小中高生にバカ売れというのは事実です(漫画モドキだから読みやすくて当然)。
映画化も事実…けどちゃんと批判してる人もたくさん存在します。
にしても作者と出版社はうまくやりやがったなチキショー(←本音)。

今現在、夢中だという若い子も、いろんな意味で『恋空』は勉強になると思います。
数年後には「馬鹿な本に踊らされちゃったな…」と気付くでしょう……多分。

もしも昨日『恋空』を読まなければ
こんなに気力を消耗して
こんなに脱力して
こんなに馬鹿馬鹿しくなって
こんなに「ヒロインうぜえ…」な想いはしなかったと思う。

けれどちゃんと読まなければ
こんなに批判しやすくて
こんなに突っ込みどころ満載で
こんなにネタにしやすくて
こんなに叩きやすくて
こんなに縦読み職人のすごさを知ることもできなかったよ…。
笑いをこらえて私は今日も新しいネタを探す。
ネタを探す。

(笑)
【2007/12/07 10:26】 URL | あるふぁ #x/NFWfBY [ 編集]

こんちわ
あぁー。
僕、映画でもみよっかなと思ってたのに。
でも、映画と本は別もんですよね。
僕、本読むのが苦手なもので。
でもやっぱ、泣くからDVD出てからにしよ。
【2007/12/07 11:12】 URL | sey #i7ldMvBg [ 編集]

男が泣いて何が悪い!!
私は「ダンサーインザダーク」で泣きました(DVDですが)。
涙を人に見られるのはイヤですか?
恥ずかしがりやさんめ♪
あれは読みやすいので普段読書しない方でもすいすい読めますYO!なにしろ小学生が読んで感動してるんですから!
そういえばどっかで「無料券があるから恋空か何かを見に行こうかな」と書いておられましたね。
けど無料券は期限が過ぎてしまったのでもうタダでは見れないという罠。
主演女優が可愛いのでそれだけは一見の価値があるそうですよ。
次回の記事で映画のレビューを載せてみようと思います。
【2007/12/07 13:50】 URL | あるふぁ #x/NFWfBY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://alufaha.blog57.fc2.com/tb.php/257-33f24495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。